ひつじ色な日々

野山に囲まれ羊と暮らす
おひさま屋のつれづれよろずや日記
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# 日常に当たり前に存在する大麻
昨日の続き


浅草に或るアミューズミュージアムに行きました。
布文化と浮世絵の美術館


久しぶりの雷門を通過し浅草寺へ
観光客や修学旅行生の多いこと!





そのすぐわきにある美術館です
一見ただのお土産屋さんで入り口めっちゃわかりずらかった







展示されているものはほんと素晴らしかったです!!!
消費文明の対極にある圧倒的な布文化!
美しさ!
根気良さ!
ボロ布の中に醸し出される苦しみや楽しみや慈しみ、歓び、祈り、そして暮らし



いろ〜〜〜〜んな想いの詰まった
仕事着や晴れ着、お布団、刺し子や津軽こぎん。



働く日の多かった昔の女性は
晴れ着は地味でも仕事着は派手なものを好み、
美しいが作り出されていた
と、民俗学者の柳田國男は強調されているそうですが




津軽こぎん刺しはまさに、それ!
木綿の育たない寒い地方では
夏場に一気に3メートルにも育つ大麻はどこでも育てられ
丈夫なのその繊維は主に仕事着になっていたそうな。




しかし、冬の過酷な寒さから身を守るため
布を重ね合わせ
木綿の糸でほとんど織りに近い刺し子=菱刺しとか、こぎん刺しと言われる
装飾兼、実用的な丈夫な衣服を作り上げていた











一着の着物を何代にも渡って着ることは当たり前で
つぎあてや荒い布を重ねて刺し子で補強し、それでも使えなくなった着物は
細くさいて新しい布を織ったそうな。


驚くほどのリユース・リサイクル!



なかでも目をひいたのはこれ








ボドと言われる布



布団のようなものですね。
けど、お産のトキにも使われる大切な布なんですって!



その昔、天井や梁からつるされたひもを握っての「座産」
祖父母や父母が使い古した着物を


何枚も
何代も
重ねて刺し子してある布の上でお産する




子どもはひとりの力でで生まれてくるのではない
何人もの死と誕生があり
家族の絆がきっと守ってくれるとの祈りをこめた布であったということです。



すごいね!
きっとつらい日々にも負けない根性がこうやって育まれていっていたんですね。




あとは、
ドンジャ
」と呼ばれる、投げると立つぐらい!!!
重たい着物のような形の分厚い布団?が圧巻でした。
ほんと分厚くて、何が入っているかと思いきや、
布がぎっしり、あとは、大麻のくずがおしつめられてありました。



大麻=ヘンプの繊維は、
神社の注連縄などにも使われていて、魔除けのような役割もあり、
現代でいえば、電磁波を通さない、身を守るもの。
人が死ぬ時も麻の着物を着せていた。
死での旅路を守ってくれるものでもあったのですね。







あまけに




黒澤明監督の「夢」という映画
昔から大好きなんですが。
その最後のシーンで出てくる桃源郷みたいな村の


お葬式のシーン



ほんと、大好きで、あの雰囲気と衣装と、思想。
わすれられないシーンなんですが、
あの衣装が展示されていました!











あれこそが、こぎん刺しですね!


昭和とか大正の時代に入ってウールの糸が登場し、
各段色も花やぎ美しくより装飾的になったこぎん刺しです。

まったく、映画を見ていたときには気が付きもしませんでしたが。


くらしの中にある こぎん 、とっても素敵です。
あのボロ布にキュンハート
としてしまう私はやっぱちょっと変わってるのかもな(笑)







今住んでいる島根の山奥でも
今80代のおばあちゃんが子どものころには普通に
畑で大麻は栽培され
繊維は暮らしのいろんなシーンで使われ
秋にはお祭りの時に麻の実を使った
「おまんずし」
と呼ばれるお寿司を作っていたそうです。



ダイズでつくったおからと、麻の実でお寿司を作っていたんだって。



そもそも、旧暦の10月15日ってのは、11月も後半ですね
(お宮のお祭りは昔から10月15日だったそうです)
しかも。
きっと昔はみんな貧しくて
お祭りのときもそんなし白いご飯でお寿司を作れるほど
お米もなかったのかな・・・
なんて、思ってみたりして。




貴重な蛋白源だった麻の実のおまん寿司
たべてみたいなぁ

















| comments(0) | trackbacks(0) | 16:04 | category: 旅の記録 |
# 旅の記録  鎌倉麻心へ
またまた久しぶりの日記です。


この夏から秋はあちこち旅をしたり
その合間を縫ってはたけ仕事。
いろんな集まりがあり、
いろんな方が訪れてくださったり。


すてきがいっぱい❤
ふ〜〜んがいっぱい❤
わくわくもいっぱい❤

せっかくだから
備忘録として記録しておこうと思います。



まずは直近のところから・・・


10月31日から11月7日まで
関東方面へ出張方々行ってまいりまして。



念願だった  鎌倉由比ヶ浜にある「麻心」さんへ!

オーガニックとヘンプを使ったお料理を出してくれるカフェです。





店内こんな感じ
ヘンプグッズや
大麻に関する本がいっぱいです♪





ランチもヘンプナッツやヘンプオイルがふんだんに使われててウマウマ❤
動物性の物は一切入らないヘルシーなランチです。


昼間っからですが・・・
この日はとっても暑くて海がキラキラ輝いてて
ビール日和。これヘンプビールよぉ




(あ、ちなみに飲んだのは私じゃないよ)



この日のランチは
車麩のベジ味噌カツ
ヘンプとお野菜の御惣菜3品とスープつき❤


食後のしめはヘンプと豆乳のアイス

贅沢にもヘンプオイル香る、優しい甘みのアイスでしたよwara




麻の実(ヘンプの種子)は、
畑の肉といわれる大豆に次いでタンパク質が多く
、必須脂肪酸やビタミンがバランスよく含まれていて
心筋梗塞やアレルギー疾患などを予防・改善する食べ物としても見直されてます。
その昔、日本中どこにでも栽培されていて
お肉やおさかななどあまり食べることのなかった田舎でも
良質の蛋白源として食していたようです。
また丈夫な繊維としても、大活躍で、着物になったり布団になったり、
豆や農作物を貯蔵する袋としても日常のいろんなシーンで使われていました。



じつはこの秋に15年越しくらい念願果たした❤

  麻畑体験  に行ってきました。

くらしのなかに大麻を復活させたい!!


と思い、まずは、食べる(^^)
そして見る


と、いうことで、
今回の旅では浅草のアミューズミュージアムにも行ってみました。
「美しいボロ布展」
それはそれはさわり心地の良い大麻の布でいっぱいでした。


報告はまた明日











| comments(0) | trackbacks(0) | 00:41 | category: 旅の記録 |
# 梅のしその葉の香り漬け(カリカリ梅)
去年、カリカリ梅のレシピを書いたが、
実は。。。常温に置いたものは1〜2週間でカリカリ感が薄れてしまい、
再びチャレンジ。

大成功のカリカリ梅のレシピです。
これは常温でもずっとカリカリ手










材料

梅   1.5キロ  (もぎたてでないとカリカリにならない)
砂糖  500グラム(甘さはお好みで加減してください)
     ↑
    レシピでは800グラム〜1キロ(これは非常に甘々です泣き
塩   180グラム
焼酎  2カップ(400CC)
赤紫蘇  300ぐらむ
酢    50CC

容器は金物はNG


作り方  

1日目   ’澆鮴う(へたもとる)
     塩を水に溶かしてかぶる様ににて1昼夜置く


2日目   G澆亮錣鬚未(切込みを入れてまな板などで圧をかけると割れる)
     た紊任茲洗う(2回ぐらい)
     ゼ造かぶる程度の水をいれて30〜40分つけておく
       (水につけすぎると酸がなくなるので注意!)
     Δ燭辰廚蠅両特颪膨劼韻凸閉し一晩おく(焼酎はケチらないこと!→ここがポイント!)



3日目   Ь特颪麓里討襦覆海両特颪鬟咼鵑貌れてストックしておいて、夏場梅酒がわりに!)
                   ↑
              甘みが欲しければ、梅ジュースで割ってもいいが、さっぱりしているので
              このままロックで♪うちのダンナはうまいペコちゃんと言って飲んでた
      ╂峪臍匹魃でもみ10分ぐらいおく(砂糖を減らした分、ちょっと塩多めに)
      砂糖を半分よけておく
      砂糖・梅・しそを交互に入れて最後に砂糖が一番上に来るように容器に並べる

4日目   水が上がってきたら酢をまんべんなくふりかけるようにして、
       残しておいた砂糖をかけてふたをする 


※冷暗所に置く・2週間ぐらいで食べられる

+     
| comments(1) | trackbacks(0) | 09:22 | category: 旅の記録 |
# らっきょうの塩漬け
漬物シーズン到来ですね。


うちは、まだらっきょうも掘っていないし・・・
梅ももいでいないんだけど・・・


雨だしなぁ・・・


さてKちゃんからのリクエストで
塩らっきょうのレシピです。


といっても、いつも甘酢漬けにする前にした処理をするんですが、
そのした処理して、塩抜きしていない、した処理漬けが、
結構漬物っぽく食べれて私はお気に入りなのです。
だから、下処理したものを、
半分は甘酢に。
半分はそのままとっておきます。

結婚して以来毎年かかさず作ってます。
だから。。。19回目ってことか!?古女房になったものだDocomo_kao8


塩ラッキョウレシピ


用意するもの

らっきょう(泥つき) 1キロ
塩          100グラム
酢          2分の1カップ
水          1カップ
赤唐辛子       2本


,蕕辰ょうは下ごしらえをする
  根っこの部分と上の茎の部分を切ってガラガラ洗う 
  ボールの中にざるを入れて、水を流しながら洗うと皮が剥けてきます。
  (マクロビオティック的には、根っこ付きで漬けたりもしますが)

漬け容器にひとにぎりの塩をしく
らっきょうの3分の1と、塩を3分の1いれて塩をなじませる
だ崚眇瓢劼麓錣鮟いて輪切り。分量の酢とともに入れる
タ櫃入っているので陶器製の落し蓋(皿でもいい)をして重石をする
ξ箘貼蠅吠歛犬海里泙泙困辰畔欖匹任る



◎2週間ぐらいで辛みが抜けるので食べられる
◎本漬けは、漬け汁から出して水切り。1時間ほど薄い塩水に漬けて塩抜き。
◎その後陰干ししてから甘酢につける






| comments(0) | trackbacks(0) | 08:56 | category: 旅の記録 |
# サルサソース&アボガドディップ
ついでに覚書第2弾。


こないだのタコスに使ったレシピも書いておこう。


サルサソース

プチトマト   1パック
玉ねぎ     中玉1個
ハバネロの酢漬け   少々
塩       少々
ゆず酢     適当


ゞ未佑はみじん切り→水に5分さらす
▲廛船肇泪箸錬乾沈擇
材料を混ぜるだけ。
※ハバネロじゃなくて、青唐辛子(ハラペーニョ)にのほうが雰囲気は出るけどね!
※作ったときには結構激辛!と思うほどでちょうど良いみたい。さっぱりして美味しい。



ワカモーレ(アボガドディップ)


玉ねぎ   半分
アボガド   2こ
プチトマト   少々
ニンニク    1かけ
ゆず酢     少々(レモンでOK)
黒胡椒     少々
香菜      少々(もちろん生葉のほうがいいけど乾燥バジルを入れてみた)
塩       小2分の1
ちょっぴりハバネロの酢漬けを入れる


.肇泪函Χ未佑・香菜をみじん切り
塩小2分の1をふって、少々置く→厚手のキッチンペーパーでしっかり水切り(これがポイント!)
  (水切りが悪いと水っぽい感じになる)
アボカドは種を出してくりぬいて、ゆず酢をかけて荒つぶし
ち管瑤虜猯舛鯊して混ぜる

レシピでは、クミンやチリパウダーも使ったりしているけど、
シンプルな感じのほうが美味しいのだ手



チリコンカン


,泙困蓮▲ドニービーンズ(または、金時豆)をみずに浸す
(一晩)

豆を煮る(煮潰れない程度に中〜(弱火で)保温調理もいい!

6未佑を炒めて牛ひき肉も炒める(私は入れないほうが好きだなぁ・・・)

い修海法⊆僂親Δ肇肇泪箸鯏蠧。

ゥレガノ・クミン・黒胡椒・ローリエなどでお味付け(香り漬け)



アボカドディップもチリコンカンも、
サルサソースも、ハードタコス(タコシェル)に相性ぴったり。

この他、
牛ひき肉のそぼろ(?)もクミン。オレガノなどでお味付け)も作ったよ。


ポークビーンズもいいけど、
やっぱ、タコスにはチリコンカンがいいなぁ〜ランチ



















| comments(0) | trackbacks(0) | 04:55 | category: 旅の記録 |
# 福豆の作り方
最近、女3人集まってぺちゃくちゃおしゃべり三昧の日々。

せっかくだから・・・ということで、
豆まきのための・・・



福豆作り

しながらのおしゃべりタイム。


せっかくなので、覚書。



,豆を洗って、熱湯に浸す。→2時間放置
(その時、お湯の量は豆の2,5倍程度)

■音間後。水をよく切って、豆のまわりを軽く拭く

フライパンで中火で煎る(パチパチ言うまで)→結構時間がかかる

す瓩个靴カリっとなるまで煎る

イ修譴鮖翅泙貌れて600Wの電子レンジでまずは、5分程度かける。

ν融劼鮓て2分〜5分(やり過ぎると焦げるので要注意!)


カリカリサクサクになるよ!


でもうっかり電子レンジかけ過ぎると苦いのだDocomo_kao18



ちなみに、すぐに食べるなら、電子レンジの工程はなくしてもOK


しかしながら・・・



なぜか、必ず湿気が戻ってきてしまう。
よって・・・不本意ながら、
電子レンジをかけたほうがカリカリ感が持続して良い感じ。


福豆
| comments(0) | trackbacks(0) | 04:26 | category: 旅の記録 |
# タコスパーティをやったよ
Kちゃん念願だった「タコス」


昨年夏ごろかな?
ゆうの会(自然農‥有機農の生産者グループの会を昨年立ち上げたのです)の定例会で
タコスパーティをやったのですが、ちょうど彼女は都合が悪く来れなくて


じゃ、いつかね!



がとうとう半年も経ってしまい、
新年会(オクラバセながら・・・)兼ねて、することになりました。
とは言え、近所のSさんは今帰省中。
雪のため益田の友人二人は来れず、
結局、Kちゃんと近所のRちゃん。それにうちのダンナとで4人で。
のんびりタコス焼いて。
のんびりチリコンカンを作って。
たらふく食べただけの新年会でしたが・・・ニコッ




今回は、コーングリッツに加えて、もっとパウダー状のコーンフラワーもお取り寄せ。
ついでに、キドニービーンズやタコシェル・タコスのスパイスも取り寄せてみました。



コーンフラワー


タコシェル


まずは、トルティーヤの作り方



コーングリッツ   50グラム
薄力粉       100グラム
サラダ油      大3
水         70CC
打ち粉(コーングリッツ)  少々


これが、黄色い分のレシピ。
ちょっとコーンが荒くてバリッとした感じ。
こっちが私好み。



コーンフラワーの使い方がいまいちわからず・・・Docomo_kao8

適当に
コーンフラワーと薄力粉を混ぜてみたけど‥‥イマイチべとついてうまくまとまらんかった。。。
(でもうちのダンナはこっちが好きだったらしい)


混ぜてこねる。


タコス1


出、丸くうす〜〜〜く伸ばして。ホットプレートで焼く。

タコス2


タコス3



ちなみに、
前回やったときにはフラワーがなかったので、



薄力粉    125グラム
強力粉    125グラム
BP       小2分の1
水       140〜150CC
オリーブオイル    大1


という感じで焼きました。チャパティーのような感じかな。
コーンフラワーより、食べやすかったように思ったけど・・・。
コーンフラワーの使い方をもうちょっとマスターしてみたいものですね(^^;)



ちなみに、いろいろ探していて、

マサ   250グラム
湯    300グラム
塩    小4分の1


というレシピもあったので、次回はこれを参考にしてみたいなぁ。。。
この「マサ」というのがコーンフラワーっぽいものではないかと
推測しているんだけど・・・

出来上がりはこちら!

タコス


ついでにトルティアチップスも作ってみた。
コーンチップスにチリコンカンとサルサソース‥粉のチーズをかけて
焼いてみた。めっちゃ美味しい♪

トルティヤチップス



ついでに・・・

夜に残ったタコスを子供に食べさせ、ついでにタコライスにも挑戦。


タコライス


ご飯にパリパリのトルティヤチップスをのせて、
レタス・チリコンカン‥サルサソースをかけて
最後に牛ひき肉をそぼろ状に炒めたもの(味付けはタコスのスパイスで)
をのせて完成!



チップスのパリパリ感がご飯とマッチしていてめっちゃうまいです♪♪

材料、まだ残ってるので、今度はトマトがふんだんに使える時期に
リベンジしようね!(→しらさん、おやつさんへ!)








| comments(6) | trackbacks(0) | 00:07 | category: 旅の記録 |
# わら納豆を作った
さて、ぼちぼち日々の楽しみを綴っていくのを再開したいと思います。
藁納豆1

まずは。。。

昨年度コチラ、鹿足近辺のUIターン仲間で結成した「ゆうの会」の定例会のご報告。


今回は、定例会としては、人数が足りず、あまり話し合いになりませんでしたが、
持ち寄りの昼食、食べながら、ひとしきり、会長のUくんからお預かりした議題を
話し合い(一応ね・・・ニコッ



その後お待ちかねの「わら納豆作り」


今回講師を買って出てくださったのは、Aさんご夫妻。
彼らは、関東からのUターンで、お花の栽培を自営されています。



藁納豆1



,泙困蓮¬鞠戚瑤力里鬚れいに整える作業から。
しめ縄を作る時みたいに、横から出てる葉を取り除いていきます。
(太い茎を残していく)
これが意外と時間がかかって大変。大人数でがやがやおしゃべりしながらするに限るゆう★



∀里鮴阿┐詼気蕁圧力鍋で豆を蒸す。
 豆は前日から水につけておいたものを水切りして、ざるに上げて、圧力かかってから15分ほど蒸す

お豆が蒸しあがり、藁を整え終わったら、大鍋にお湯をたっぷり沸かして藁を煮ること10分間。
 ※10分以下だと、他の菌が残ってしまい、カビ等の原因になりやすいが、10分以上煮てしまうと
  藁についている納豆菌まで死んでしまうので、時間は必ず計ること!

わら納豆2


は里僚猗が整ったら、舟を作ります。
    まずは、藁の軸をきちんと束ねてひとくくりする
    ↓
    藁の長さの半分ほどの所をまた藁で縛る。(くくった中間が舟状になる)
    ↓
    その舟の中に蒸した豆を詰めていく
    ↓
    中間で結んだ所から折り返して藁で先端をくくる
    ↓
    豆が間に入っているので、豆が脇から飛び出さないように2ヶ所ほどわらで縛る。

わら納豆3


すると↑こんな感じになります

イ海稜り上げた豆入りの藁を2日間温めます。
発泡スチロールの箱の中に、ペットボトルや、湯たんぽにお湯を入れておく

Ε撻奪肇椒肇襪篥鬚燭鵑櫃鯒┐譴織織ルで巻く

Г修硫にわら納豆を入れていきます。

一日1〜2回ほどペットボトルや湯たんぽのお湯を取り替えながら2日間
ばっちりあたたかさをキープ(発泡スチロールを毛布でくるんだり、こたつに入れたり)

3日目に完成

納豆できた



なっとうできた



これがまったく不思議なんだけど、
ただの豆を入れたのに・・・
すご〜〜〜い糸引きのネバネバになるのです!!!

藁に住み着く納豆菌を培養しているらしいですが、
ホント強力なんだなぁ〜。


以前一時はまっていたのは、
市販の納豆を少量豆にまぶして加温する納豆作り。

けど、あれとは比べ物にならないぐらい、
菌が繁殖している感じです。糸引きがすごいもん。



なかなか藁を整えるのに時間はかかりますが、
そのぶん負けないくらい美味しい、お豆の大きな納豆になります。


ちょっと色んなお豆で試してみたいな〜。



という訳で、ゆうの会のメンバーみなさん!
今度是非一緒にまた作りましょう。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



ちなみに、ゆうの会では月2回、季節の野菜や山野草などの直送便を昨年夏の終わりごろから
始めています。


ゆうの会の野菜



ある日の直送便のお野菜です。こんなかんじで10種類ぐらいの野菜が入って送られていきます。
季節によっては野草や山菜、果物や、お餅なども。Uくんのところの卵も入れられます。


しか〜〜〜し!



実は、今季の冬野菜はもう残り少なになっていて、2月3月はとりあえずおやすみになります。
また4月以降。
直送便を希望される方は、是非ご連絡くださいね〜。
山里ならではの珍しい食材や、自然農・有機農の美味しいお野菜立ちが満載です。


ご連絡はコチラ
ohisama@sun-net.jp ますなりまで。








| comments(0) | trackbacks(0) | 21:35 | category: 旅の記録 |
# 梅仕事
作り物ラッシュなこの頃です。

毎年恒例。
こちらは梅仕事。


梅仕事


今年は、春先寒かった時期が長く、ちょっと取り頃が遅れ気味です。
でも、せっかくの青梅が黄色くなっては残念なんで、
ちょっと早い気もしましたが青梅をつけることにしました。


今年は5種。


1 毎年恒例梅ジュース
青梅4キロ
キビ砂糖(年によっては黒砂糖だったり、てんさい糖だったり)2.8キロ

梅はフォークで穴をあけます

梅仕事2


2 梅のピクルス
青梅1キロ
塩 100グラム
焼酎  少量
自然酢  800CC
キビ砂糖  300グラム
鷹のつめ
ニンニク
クローブ(ホール)
ブラックペッパー(ホール)
今年は八角はぬきにしてみた。八角、結構私は好きなんだけど香りが独特でダンナも子供も
ちょっと引いちゃうんですよね〜Docomo_kao8
あ、そのうちローリエは入れたいなぁ・・・と思っているんだけど、今在庫なし。


’澆鮠特颪僕蹐瓩
塩をまぶす
3時間ほど置く
い修隆屬膨劼噂舛魏个砲け冷ます
ツ劼噂舛鯑れて3〜4日で完成

去年確か、これで作って、冷蔵庫に入れてなかった分はカリカリ間が時間と共に
ちょっと鈍くなった気がしていたんだけど・・・
またこのレシピで作ってしまった。


来年は塩付けしてからピクルス作ろうかなぁ。。。



3 梅サワー
ただいま冷凍庫に梅ちゃんを入れて保管中。
梅1キロ
砂糖1キロ
酢500CC
ぐらいが、レシピなんだけど・・・。
まだレシピ検討中


4 カリカリ梅

梅2キロ
砂糖1.2キロ
塩水


ヽた緜度の塩水に半日〜1日つける
半分に切り込みを入れて半割りにする(種を出す)
800グラムの砂糖を割った梅にまぶす
ぃ嫁椶陵遒軍犬判点个鬚里撮粥腺菊置く
ニ△浮いてきたら漬け汁を鍋に移し砂糖200グラム足して沸騰させてから冷ます
Γ監ほど置いてもう一度イ魴り返す
冷蔵庫で保管


たしか、これもホワイトリカーでつけたりして、冷蔵保存しなくてもカリカリのレシピも
あったはずなんだけど・・・ま、今回はこれで!


5 梅味噌ドレッシング
梅1キロ
味噌500グラム
砂糖500〜700グラム

交互に重ねてビンに詰める
これも、砂糖が少なすぎるとイマイチ味が美味しくない。
で、漬けて1ヶ月ほどで食べれるようだが、これもまたイマイチで、
1年ぐらい寝かせたほうが味がなじんで美味しい。

今はとりあえず、去年漬けた残りがちょっぴりあるので、しばらくはお預けだな。

| comments(0) | trackbacks(0) | 22:52 | category: 旅の記録 |
# EMぼかし作り
須川に来て毎年恒例。
公民館事業の(今年はJA婦人部活動だったけど)「EMボカシ」作りに参加しています。
今年で7回目だな。


こちらに来てすぐに声をかけてもらって以来、毎年参加。
お陰で、生ゴミ堆肥もだいたい一年これでまかなえます。
ありがたいことです。
ぼかしを入れると、発酵、分解が早いようであっという間に
生ゴミ見えなくなります!




作り方のおさらい。



米ヌカ   30キロ
籾殻    10キロ
EM菌   120CC
糖蜜    120CC
山水    9L


,未襪淌鬘械娃娃達辰謀蜜、EM菌を混ぜて
△修譴鯀管瑤凌紊貌れる
△鯡盂未傍曚錣擦襦平紊領未肋し残しておきあとで水分量を調節)
きを米ぬかに混ぜてギュっと握った時にホロっと崩れる程度の湿り加減にする


EMぼかし1


EMぼかし


それでEMボカシ醗酵手前まで終了。


イ修慮紂■化鬼屐腺吋月ほど醗酵させる。
Ε咼法璽襪貌れて空気をぬいておいて置く。2週間ほどたって、甘酸っぱい香りが
  充満していたら完成
天日に干して完全にカラカラに乾かしたら、缶などに湿気が入らないように
 密封して保管。


これを生ゴミにふりかけて使っていきます。
本当は、EMボカシ専用の水分をぬく蛇口のついたバケツが売っているようですが、
私は生ゴミ堆肥をいれるポリバケツなどに入れて使っています。



蛇口がついたバケツでは、ここから出た水分を「液肥」として
水で薄めて使えるようですが、そこまではやったことはありません。



分解が早いのであっという間に固形物はなくなってしまいます。
が、念のため、2年ほどは寝かせてから畑に使ったりしています。



このEMぼかしを教えてくださったKさんのお宅には、家庭菜園程度の畑があり、
大体夏物中心に野菜を育てておられます。
ってことは・・・大体がナス科の野菜。トマト、ジャガイモ、ナス、ピーマンなど。
ってことに最近気がついたらしいですが。。。
まったく連作障害が出ていないということです。
(気がつかなかったくらいなので、全く障害なしなのでしょう)



狭い畑をお持ちの方には、ぴったりの生ゴミ処理法かもしれませんね。
| comments(0) | trackbacks(0) | 22:17 | category: 旅の記録 |
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links