ひつじ色な日々

野山に囲まれ羊と暮らす
おひさま屋のつれづれよろずや日記
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 震災から一か月・・・ | main | 東日本大震災復興支援チャリティイベント >>
# わたしたちの新しい未来!
今日は選挙ですね。
より良い未来に向けて!
それぞれのお心に 光輝く未来の地球 を描きましょう。



具体的なイメージで、田中優さんが紹介されている「スマートグリッド
自然エネルギーを使った最新のプロジェクトです。



下記の小泉マーリさんのブログに動画が貼り付けてあるのと、
簡単に内容をピックアップしてくださっているので是非見てみてください!


小泉マーリさんのブログ「新しい未来」
http://ameblo.jp/light-side/entry-10852812500.html



動画は2時間ちょっとで長いんですが・・・(^^;)
私も4日がかりで見ました。でも、長時間見た甲斐はぜったいにあります!


マーリさんが紹介されていない部分で私の心に残ったものをちょっと下記に
書き出してみます



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


。放射能の被害は累積で確実に影響が出てくるので、
特に子供たちや妊婦さんは注意が必要
特に0才〜5才が甲状腺のガンのリスクが高くなる
被害が出てくるのは10年後。
その時になって悔いることのないようしっかりと対処していくこと。


。対処:以前報道では、海藻類はヨウ素摂取に効果なしとされたが、
甲状腺がんの検査の前1週間は海藻類を食べないことという規定が
あるそうです。
人の身体はヨウ素を摂取するのにすごく貧欲にできている。
(どおりで、子供って昆布とか海苔大好きですよね)
成長期には特に欠かせないヨウ素。自然界には危険な要素というものが
存在しないので素直にそのまま取り込んでしまう。
放射性ヨウ素と取り込む前に、自然界のヨウ素で満たしておけば
対処となりうる。


。子供たちを守りたかったら、学校でマスクの義務化をしたらどうか。
(福島近辺当たりは特に)
花粉用マスクにぬらしたハンカチかガーゼをいれることで
ヨウ素もセシウムも水に溶けるのでかなり有効
食べ物や飲み物から経口するより、むしろ、空気の汚染が重大
(風向きや放射線の飛散具合をチェックすること)


。テレビや新聞は情報操作されているので
(現にネットなどの不適切な記事は削除されたり、テレビやラジオでは
番組を降板されたりしている)
必要な情報は自分の判断力でいろんな所からの情報をとること


。水道水の放射能の除去は浄水器を一回通しただけではとりきれない。
炭(木炭でもOK)を砕いて(砂粒ぐらいに)それをガーゼなどにくるみ
水に入れて一晩置く。
水1Lに炭1グラムほど。。。。。炭は一回で放射能を吸っているので捨てる

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



他、原発の今の状況の解説や、未来に向けての
エネルギー技術のお話しが中心です。
むやみに恐れることなく。
でも、きちんと見たくないものに蓋することなく
しっかりと受け止めて未来に向けてしっかりイメージしていったら・・・。



合意識により強く同じイメージが送られたなら
本当にそれが実現する力になっていくような気がしています



| comments(0) | trackbacks(1) | 09:37 | category: つぶやき |
# スポンサーサイト
| - | - | 09:37 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ohisamatamago.jugem.jp/trackback/189
トラックバック
被ばくを最小限に抑えるための知識
このたびの東日本大震災で被災された方々、そのご家族、ご関係者のみなさまへ心よりお見舞い申し上げます。 震災後、福島第1原発の放射能漏れ事故の影響で消費者が水道水を敬遠し、ペットボトルなどのミネラルウォーターなどの飲料水を買いだめする傾向がみられていま
| 被ばくを最小限に抑えるための知識 | 2011/04/15 3:31 PM |
Selected Entry
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links