ひつじ色な日々

野山に囲まれ羊と暮らす
おひさま屋のつれづれよろずや日記
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< らっきょうの塩漬け | main | みなみてらすでワークショップ >>
# 梅のしその葉の香り漬け(カリカリ梅)
去年、カリカリ梅のレシピを書いたが、
実は。。。常温に置いたものは1〜2週間でカリカリ感が薄れてしまい、
再びチャレンジ。

大成功のカリカリ梅のレシピです。
これは常温でもずっとカリカリ手










材料

梅   1.5キロ  (もぎたてでないとカリカリにならない)
砂糖  500グラム(甘さはお好みで加減してください)
     ↑
    レシピでは800グラム〜1キロ(これは非常に甘々です泣き
塩   180グラム
焼酎  2カップ(400CC)
赤紫蘇  300ぐらむ
酢    50CC

容器は金物はNG


作り方  

1日目   ’澆鮴う(へたもとる)
     塩を水に溶かしてかぶる様ににて1昼夜置く


2日目   G澆亮錣鬚未(切込みを入れてまな板などで圧をかけると割れる)
     た紊任茲洗う(2回ぐらい)
     ゼ造かぶる程度の水をいれて30〜40分つけておく
       (水につけすぎると酸がなくなるので注意!)
     Δ燭辰廚蠅両特颪膨劼韻凸閉し一晩おく(焼酎はケチらないこと!→ここがポイント!)



3日目   Ь特颪麓里討襦覆海両特颪鬟咼鵑貌れてストックしておいて、夏場梅酒がわりに!)
                   ↑
              甘みが欲しければ、梅ジュースで割ってもいいが、さっぱりしているので
              このままロックで♪うちのダンナはうまいペコちゃんと言って飲んでた
      ╂峪臍匹魃でもみ10分ぐらいおく(砂糖を減らした分、ちょっと塩多めに)
      砂糖を半分よけておく
      砂糖・梅・しそを交互に入れて最後に砂糖が一番上に来るように容器に並べる

4日目   水が上がってきたら酢をまんべんなくふりかけるようにして、
       残しておいた砂糖をかけてふたをする 


※冷暗所に置く・2週間ぐらいで食べられる

+     
| comments(1) | trackbacks(0) | 09:22 | category: 旅の記録 |
# スポンサーサイト
| - | - | 09:22 | category: - |
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2016/06/11 11:26 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links