ひつじ色な日々

野山に囲まれ羊と暮らす
おひさま屋のつれづれよろずや日記
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 藍染勉強会に行ってきました | main | 自然農の全国大会と土柱 >>
# 染物講習続き
スクーリングの続き


3日目は藍染を専門でやっておられる新居さんの工房へ。
そこに、乾かしておいた、2日目に作った、型染め、筒書きを藍染に
染め上げる工程。ほか、沈殿藍による、ひき染めと浸し染のレクチャーや、
すくもの作り方のレクチャーとかもありこの日もかなり充実


「すくも」がすっごいいい匂いで感激♪作ってみたい!!と思ったけど、
結構やっかいそうかも。
藍の葉を乾燥させて、それを発酵させて、
新居さんは4か月がかりで何トンもの「すくも」を作っておられました。


すくも作り中



出来上がった「すくも」はこんな感じに、大きな藁でできた俵のようなものに詰められて
摘まれておりました。

すくも

なんとなく。


藍瓶といったら、地中に埋められてる丸い瓶をイメージしていたのですが、
四角い箱でしたDocomo_kao8

藍染


でも、そりゃそうだよな。本職なんだから。
一年中、この容器には発酵している藍が、日によってご機嫌伺いされながら
いるわけです。もちろん、ご機嫌の悪い日もあるそうで。
そのあたりは熟練のわざで、なんとか、調整するんだそうです。


藍染3


藍染1

藍染2


これらは、みんな絞り染め。
絞り方もいろいろありますね。

それにしても、
この藍のほれぼれするような色。
いい色がでていますね。




最後のこれは、先生が勢いで書かれたひきぞめのTシャツ。
沈殿藍を使って、直にかきます。このまま色が定着する。


この、沈殿藍を、自分でも来年は作ってみようと思う。
来年は、もっとたくさん藍をそだてなきゃ!




そして、この盛りだくさんの工程を経て、3日間のスクーリングは終わりました。
先生のこだわりでご飯も3日間手作りで、みんなで作って食べました。
朝も、昼も、夜も。
こういうのって、ホントいいなぁ〜。ごはんも毎日おいしくいただきました。
お世話いただいた、先生と、生徒の皆様方。
濃厚な3日間をありがとうございました!

ちゃんと、藍染やらなくちゃね。


実は、今年は、通信講座受けてるだけで、全くお試しをしていない私。
冬場にやってみなくっちゃ♪



さてさて、この染物が終わってみると、まだ3時ごろだったので、
実は、この後、車で10分少々走ったところで、
自然農の全国大会一日目が午後から始まっていたので、
急きょ移動。。。


なんという、偶然か!
同じ町内で開かれていたのでした。


またこれも追ってご報告。
本家本元の川口先生ももちろん参加されておられましたよ(^^)



| comments(2) | trackbacks(0) | 07:18 | category: 手作りいろいろ |
# スポンサーサイト
| - | - | 07:18 | category: - |
コメント
絞りもおもしろいよね〜。
色んな絞りも習ったけど、
まだ実践してみていない。
冬には是非!
| いわちゃんへ | 2012/11/10 6:56 PM |

絞り染め、ため息が出るほど、きれいだねー!!
| いわちゃん | 2012/11/08 1:45 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ohisamatamago.jugem.jp/trackback/297
トラックバック
Selected Entry
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links