ひつじ色な日々

野山に囲まれ羊と暮らす
おひさま屋のつれづれよろずや日記
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 染物講習続き | main | 田中優さんのメルマガ >>
# 自然農の全国大会と土柱
続きを書くのが遅くなりすぎて。。。(^^;)
ほとんど四国に行ってきたことすら忘れてしまいそう。
毎日充実です(苦笑)



と、いうことで、貴重な写真だけ、残しておこう。


自然農川口さん


自然農の全国大会がありました。
ほんと、全国から自然農を実践してる方がぞくぞくと集まっておられて圧巻。


川口さんの書かれた「妙なる畑に立ちて」という本にであってすでに10年近く
立つと思いますが、ご本人にお目にかかるのは初めて。
もちろん、生のお話をお伺いできるのも初めて!

あの本に出会い、これは農の話ではなく生き方の話だね。
彼は哲学者なんだなぁ〜と思いましたが、
まさに、二日間それを、実感。
みんな、畑や田んぼに向き合いながら、自分の心を磨くことをされてるんだね
って感じでした。


当の川口さんは、ほとんど、前に座られていても瞑想状態に近い感じ。
しかし、いったん話始めると、怒涛のように豊富な知識と、
見識があふれてきて、どこかからダウンロードされてきてるみたいな感じです。



「世界が飢饉にさらされても、自然農ですべての人を養うことができるか???」



という問いかけに、いろんな方がいろんな意見を言われておりましたが、
川口さんは、凛とした口調で「絶対に養える」と明言されておりました。



あの辺の迷いのなさが、ホント、すごいなぁ〜。と思いました。
まさに、30年自然農を実践されておられるからこそのあの自信なのだと感じました。



畑と田んぼの見学会と二日間のいろんな実践報告や語り合い。
なかなか濃い3日間でした。



この会場の近くに土柱なる世界三大奇勝が
あるというので、ついでにそちらにも足を延ばした。
アメリカのロッキー山脈とイタリアのチロルの土柱と阿波市にしかない貴重な景色


土柱


うちのあたりは、山に囲まれているので、朝日も夕日もめったに拝めないのですが、
四国は海に囲まれてて、結構平らなんですね。遠くまで見通せる気持ち良さを実感


夕日



帰りには剣山に立ち寄り
といっても頂上まで行く時間はなかったので、頂上の手前の剣神社まで。
途中ずっと川がながれているのですが、
その川があんまりにも美しくてびっくり
透明度も見た目の美しさも氣の充満度合いも凄い!



夕日



帰りは、インド旅行で期間中ずっと同室だったタイちゃんが香川に住んでいるので、
彼女といっしょに讃岐うどんを食べて岐路につきました。


こうして四国初上陸の旅が終わったとさ。

| comments(2) | trackbacks(0) | 10:21 | category: - |
# スポンサーサイト
| - | - | 10:21 | category: - |
コメント
川口さんの赤目塾もすごいいつも人がいっぱい来ているらしいよ。
来年は東京で全国大会をするって言っていたなぁ〜。
もっと多くの人に広めたいと意欲的だった。
| いわちゃんへ | 2012/11/10 6:55 PM |

四国で自然農って聞いたから、福岡先生の関係かな、って思ってたけど、川口さんも福岡さんと、つながりあるのだろうか?わらの一本革命読んで、やっぱり、福岡さんも、哲学者だなあ、って実感。川口さんも機会があったら、お会いしたいなあー。
| いわちゃん | 2012/11/08 1:39 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ohisamatamago.jugem.jp/trackback/298
トラックバック
Selected Entry
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links