ひつじ色な日々

野山に囲まれ羊と暮らす
おひさま屋のつれづれよろずや日記
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 種まき種まき | main | 断食ニワトリ編 >>
# 断食と無肥料栽培
ただ今、断食2日目。
昨日は、畑仕事を一日やって、お腹が減って仕方なかったですが、
今日は、雨なんで、家の中であれこれやってます。

でも基本体そんなに動いていないんで、お腹すきません。


不思議〜ハート



先日、自然栽培のお話会に参加させていただいてきました。



自然栽培と言えば、りんごの木村秋則さんですね!
無肥料、無農薬でリンゴの木を育てて、13年目にしてようやくリンゴが成りはじめたという
あの奇跡のリンゴ。


色んな手立てはあるそうですが、(栽培なので)トラクターで耕したり、黒マルチを使ったり、
コンパニオンプランツとかも利用しながらの栽培方法ですが



何がと言って、



実は、島根にやってきて、しばらく、畑を無肥料で作っていました。
あんまりにも、何もできなくて、野菜はもらうばかり。
無農薬の野菜が食べたくて、自分で作っているのに、本末転倒。

そんなころに、ゆうの会で一緒に今活動している、前田さんに出会い、自然農の
やり方をいろいろ教えていただいたところ、

やはり、いろいろコツがある。



そんなこんなで、ようやくいろんな野菜が食べれるようになったのに・・・



また無肥料???野菜できるの?????


そこが一番の疑問でお話会に参加させていただき、
自然栽培をされている反田さんと内藤さんのお二人のお話をみっちり聞くことができました。





無肥料でなぜ、植物が育つか???

簡単に書くと、土の中には「菌根菌」という菌がいて、その菌が空気中や土中から
必要な要素をかき集め、必要なものに変えることのできるということ。
つまり、原子転換を起こすことのできる張本人様ですね!




原子転換を簡単にお話しますと、
スギナはケイ素の全く含まない土壌で育つことができるそうで、
そのスギナの成分は
ケイ素が6割がたで出来上がっている。
つまり、なにを吸って生きているのか???と言うことを研究した方がおられます。


晩年、マクロビオティック創始者の桜沢如一さんは、この、原子転換にものすごく
共鳴されていた。



人の身体も、土壌も同じなのでは。。。と言うのが多くの人の見解です。



ただし、この土中に栄養分が少しでも入ると、
この菌は働かなくなるそうで、必要に迫られないと、活動しないらしいのです。


つまり、多少の肥料分を入れるのと、全く入れないのでは、まったく、
別の話になってしまうということです。
この菌根菌が働いてくれるためには全く、何も育たない、というところから立ち上がっていくらしい。



人間もさしずめ、いつもいつも栄養を入れているわけですが、
たまには、やっぱ、何もいれない空っぽの時間が必要かも〜!
ってことで、ちょっと思い立ち断食してみてます。




身体の中の微生物が働きやすくなるように。



土中の菌が働きやすくなるように。



現代の栄養学。
現代の農業の在り方。
こうあるべきという姿が
少しずつ私の中で変化していきます。


あ、ちなみに・・・
実は、食べないんでなく、
はせくらみゆきさんのまねっこをして、
ニュートリノを食べてます。。いわゆる、気功で言うところの氣かな。



入れれば入れるほど充足していきます。



昔、美容師をやっていたころ、
まだ下っ端で、シャンプーを一日中していたころの話ですが、
あるとき、ぶっ通しでず〜ぅっとシャンプーしていて、
腕がだるだるになり、くたびれ果てて、もうだめだ〜kyuと思った時に
不思議なことが起こりました。
きらきらの物質き(そんな風に感じた)がどこからともなく湧き上がってきて、
身体全体にいきわたり、瞬時に疲れが回復。その後何人もぶっ通しでシャンプーできて、
なおかつ、全く疲れない。どころか、もっと元気になってる!!


今考えると、マラソンハイに似たような現象なんだと思うのです。



きっと。



なくなったら、なくなった分だけ。


必要なものをすでに用意されてる。



この世界は、そんな世界なのかもしれない。
そんなことを感じながらの断食二日目を過ごしてます。









| comments(0) | trackbacks(0) | 17:00 | category: つぶやき |
# スポンサーサイト
| - | - | 17:00 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Selected Entry
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links