ひつじ色な日々

野山に囲まれ羊と暮らす
おひさま屋のつれづれよろずや日記
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< パン焼き会しました | main | 新しいハンコたち >>
# 天然酵母パンにはまってます
レーズン酵母パン

パン焼きにはまっています。


今日焼いたのはレーズン酵母でフワフワパンにチャレンジ。
卵とオリーブオイルを入れててんさい糖もちょっぴり多め。
おまけに今日は強力粉を使ってみたら


フワフワ手


レーズン酵母は
小麦粉も地粉。+塩+水
ってだけのチョーシンプルなパンしか焼いていなかったから。。。
どっしり系のカンパーニュ風なパンのイメージしかなかったから。。
ちょっと意外な感じがした。




実は先週パン焼き会のときにメロンパンのトッピング生地を失敗したので
リベンジ!
と思い、土曜日に再びメロンパンにチャレンジしました。メロンパン



しかし・・・
私の記憶にあるメロンパンは焼きたては表面がガリッと
クッキー生地だぞ!
ってのを主張してくれるパンだったのですが、
どうもシットリしてしまう。。。


そこで記憶をたどったところ
メロンパンを焼いていた頃は結構高めの温度設定で
パンを焼いていたことを思い出し
今日のレーズン酵母パンは設定温度をかなり高温にして
ちょっと趣向を変えて焼いてみた。


したら、
表面はパリッと
中はしっとりニコ


こんなに思い通りにパンが仕上がるのも珍しいぐらい
素敵な仕上がりに・・・。



今日は大満足なのじゃゆう★





パンを焼くというと
「時間がかかるから面倒でしょ」
とか言われるけど。



ここがお菓子とは違うところで。
そこにこそ、最大の魅力があるんだけどって思う。



お菓子とかは結構自分がしたらしたなりのものが出来上がる。
下手をすれば下手に。
うまく扱えば結構それなりに。




しかし、パンの場合は ちーと 違う。



必死にこねて、こねてこねて。
でも
できるのはここまで。



後は時間が美味しくしてくれる。



この時間こそが
酵母ちゃんたちが働いてくれる
その働きを感じさせてくれる。
もっと言えば、
自分以外の力が存分に働いてる。




それを知覚で
感じることが出来る。



言って見れば
それが本当に楽しみの理由なのかも。





時 の もつ ちから





そこに はたらく 見えない ちから





お味噌も。
梅干も。
漬物も。
パンも。




どんなに私が頑張ってみても。




そこには及びもつかない。
力が潜む。

私はいつも
それを感じていたくて
発酵食品を作っているのかもしれない。



本当は食べるものだけでなく


すべてのことに


この見えない力が
働いている。
そのことを
いつもいつも確認していたいだけなのかもしれない。






| comments(0) | trackbacks(0) | 21:35 | category: 酵母の力 |
# スポンサーサイト
| - | - | 21:35 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links